小児矯正(Ⅰ期治療)|JR津田沼駅で歯科をお探しの方は【津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科】まで

ご予約・お問い合わせ
047-406-4477
  • 地図
Top > 小児矯正(Ⅰ期治療)

小児矯正(Ⅰ期治療)について

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科・小児矯正

歯並びと顎の発達の問題は 舌・口周りの筋肉・呼吸・姿勢 が原因とされています。

指しゃぶり・舌の動かし方・呼吸の仕方・食事の食べ方や飲み方・歩く姿勢や座る姿勢などの日頃の姿勢は、顎の成長に大きく影響してきます。
小児矯正(Ⅰ期治療)では顎の成長が活発なタイミングを利用して、乳歯の歯列をコントロールし永久歯がきれいに生えそろうためのスペースをつくっていきます。
お口周りの筋肉の健やかな成長はもちろん、正しくない癖も予防矯正することで、自然なフォームをお子さんに身につけていただきます。
それぞれ得意分野があるドクター達とトレーニングをしながら、一緒に正しく・楽しく矯正しませんか?

歯並びと全身のつながり

一見、歯やお口と関係ないように見える身体の症状も、意外と多くの部分がお互いに影響し合っています。つまり、きれいな歯並びのための治療は全身を健康にすることにもつながります。当院は歯だけを診療するのではなく、お子さまの身体の正常な発育からきれいな歯並びを促す、予防的矯正に力を入れています。

全身の健康の乱れ

脳:
歯並びが悪いと酸素供給が乱れ、
発達を阻害します。
鼻:
慢性的な鼻炎は歯並びに影響します。
頬:
筋肉のバランスが悪いと、
歯並びに影響があります。
顔つき:
アデノイド顔貌のリスクが上がります
姿勢:
猫背が歯並び悪化の原因に。
首の骨の形などにも影響します。
足元:
かかとに重心が偏っていると、
歯並びが乱れてきます。

歯並びの乱れ

  • 出っ歯で口を閉じにくい
  • 歯の間に隙間がある
  • 下顎が前に出ている
  • 歯並びが凸凹
  • 歯が傾いて生えている

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

アデノイド顔貌

アデノイドとは、外からは見えないほど鼻の奥にあるリンパ組織のかたまりです。
アデノイドが腫れると息がしづらく、首を上に向けて口呼吸をする癖がつきやすいです。
そうするとやはり下顎が引っぱられて、出っ歯になってしまいます。
また、うつ伏せで寝るのも顎が押し込められるように力が加わるのでよくありません。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

指しゃぶりに注意

顎や頬、舌などお口周りにはたくさんの筋肉があり、お口の中と外の両方から力が加わります。筋肉から受ける圧力のムラや偏りによって、お一人お一人独自の歯並びとなっていくのです。
特に小さいお子さまは、指しゃぶりの癖がないか注意してあげてください。いつも片方の顎だけで食べ物を噛む癖がある方も要注意です。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

お口ポカンに注意

舌は上顎につくのが正しい位置であること、ご存知ですか?
お口がポカンと開いていると舌の位置が下がりやすく、下がった舌が気道を妨げるので常に口呼吸をするようになる悪循環に陥ります。鼻への空気の通りも悪くなるので、いびきの悪化や睡眠時無呼吸症候群になってしまうことも。
成長期にあるお子さまの睡眠障害は成長ホルモンの分泌が乱れ、身体だけでなく学習能力などの発達も阻害します。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

姿勢の乱れに注意

頭を自然な位置からほんの少し、下に傾けてみてください。
かみ合わせの場所が動いて、上下の前歯同士が当たりませんか?
反対に、頭を上に向けると顎が後ろに引かれたようになり、かみ合わせが後ろにズレると思います。このようにちょっとした姿勢の変化でお口のバランスは変わってしまいます。
猫背の方はかかとに重心がかかり、下顎が常に後ろに引っぱられる形になるので出っ歯になりやすいです。姿勢もきれいな歯並びをつくる重要な要素なのです。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

ストレートネック

首の骨は通常「く」の字のようにカーブしていますが、これがまっすぐになってしまった状態を「ストレートネック」と言います。例えば、スマホの長時間使用は俯いたままの状態が続き、ストレートネックの原因になっています。頭の重心がズレるとかみ合わせにもズレが生じ、結果的に歯並びにも影響が出てきてしまいます。
日頃から正しい姿勢を心がけ、身体もお口も美しくしていきましょう。

矯正の種類

Ⅰ期治療

マウスピース型矯正装置・拡大床

拡大床

「床(しょう)」という装置をお口に装着します。ネジを巻いて歯列に力を加え徐々に拡大させていき、歯が綺麗に並ぶためのスペースを作る治療です。
顎の成長に合わせて正しい歯並びへ導くことができ、健康な歯を削ったり抜いたりすることなく自然できれいな歯並びをめざします。5〜8歳のお子さまにおすすめです。

キャラクターを使用したこんなデザインも可能です!

筋機能療法

歯列矯正用咬合誘導装置

子ども専用のマウスピース型の矯正装置です。口のまわりにある筋肉(口腔筋)を適切に発達させながら、歯並びやかみ合わせを整えていきます。取り外し可能で、家の中や睡眠時に取り付けます。装着しながら口まわりの筋肉のトレーニングをすることでさらに効果が期待できます。
サイズ展開が豊富なので、お子さまのお口のサイズに合ったものをお選びいただけます。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置【インビザラインファースト】(Ⅰ期治療)

マウスピース型矯正装置
【インビザラインファースト】

永久歯への生え変わりのタイミングでも使用できる、透明なマウスピース型矯正装置です。これまでは主に成人矯正(Ⅱ期治療)で使用していましたが、Ⅰ期治療から使えるようになりました。オーダーメイドのマウスピースを数週間ずつ付け替えていくことで、歯を少しずつ動かしていく矯正治療です。他の矯正方法よりも、痛みや違和感も小さいのが特徴です。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

詳しくはこちら

Ⅱ期治療

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットという金属の留め具を接着剤で取り付け、そこに金属のワイヤーを通して締め付けて歯を動かします。 もっともオーソドックスな矯正方法で、幅広い症例に適用でき、治療費もほかの矯正方法よりも抑えることができます。
ブラケットは銀色のものが一般的ですが、目立ちにくい白や透明のものも選べます。

マウスピース型矯正装置・拡大床

マウスピース型矯正装置
【インビザライン】

取り外しのできる透明の薄いマウスピースを歯に装着して、数週間ごとに新しいものと交換することで、歯を少しずつ動かしていきます。
無色透明のため、装着していることがほとんどわかりません 。また、患者さまご自身で取り外しができるので、お食事や歯磨きも普段通り行えます。
また、来院に必要な回数が約2ヶ月に1回と他の矯正より少なく、忙しい方も無理なく治療ができます。

ただし適応できる症例に限りがあるのと、間食などの際も装置を外す必要があり、装着時間を守らないと計画通りに歯が動かないことがあります。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

詳しくはこちら

筋機能療法

食育・発音・姿勢・呼吸のトレーニング

食育・発音・姿勢・呼吸のトレーニング

食べる・飲む・発音・呼吸などの際の、舌や口唇の位置の改善を目的とした各種トレーニングを行います。お口周りの筋肉バランスを整える治療で、口を開けたままにしがちな「口呼吸」のお子様にも効果的です。

できるだけ
「抜かない・削らない」
様々な癖をなおすことで
美しい歯並びに導きます

指しゃぶりや口呼吸、舌・顎の筋肉の使い方や食事の仕方、普段の姿勢など、歯並びは様々な環境因子によって影響を受けます。歯並びの乱れは、お子さまの全身が助けを求めるメッセージでもあるのです。
そのため当院はお口周りの筋肉、呼吸、舌の運動、姿勢などを矯正し、歯並びに影響が出ないようにする予防矯正治療を行います。歯と一緒に全身の健康をつくり、お子さまの健やかな成長を見守ります。

予防について

乳歯や生えてまもない永久歯は、大人の歯に比べてむし歯になりやすく、進行も早いものです。
大切な歯を守るためには、子どものうちからしっかりと予防に取り組むことが大切です。
予防習慣が身につくことで、大人になってからも健康な歯を維持できるようになります。
ぜひ小さいうちから予防に取り組んでいきましょう。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

唾液検査

むし歯になりやすい方、なりにくい方がいます。それは、リスクファクターである、むし歯の原因菌(ミュータンス連鎖球菌・ラクトバチラス菌)や、唾液分泌速度、唾液緩衝能(お口の中を酸性から中性に戻す力)などが関係してきます。
それらを詳しく検査することにより、自分のむし歯の原因を知ることができ、深く理解できます。
当院の唾液検査では、味のしないガムを数分間噛んでいただき、出た唾液を使って唾液の分泌量や唾液内の細菌を調べます。
最適な予防プランを立案し、レクチャーすることができます。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

PMTC

PMTCとは、歯科衛生士や歯科医師などのプロによる機械を使った歯のクリーニングのことです。専門家ならではの研磨剤や機器を使い、歯磨きでは落とせない歯石や汚れ、着色などを徹底的に取り除きます。
お子さまの歯磨きは大人以上に不衛生になりがちです。子どものうちから定期的にPMTCを受けて、むし歯を徹底的に予防しましょう。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

フッ素塗布

フッ素塗布では、歯の表面に予防効果の高い、高濃度のフッ化物ジェルを塗布します。
フッ素には「むし歯菌の働きを弱める」「歯質を強くする」「歯の再石灰化を助ける」という作用があります。
乳歯や生えて間もない永久歯は、歯質が弱くむし歯になりやすいものです。むし歯予防のために、お子さまも定期的にフッ素塗布を受けましょう。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

シーラント

奥歯の溝の部分を、レジンを始めとしたプラスチック樹脂で埋め、奥歯の溝に汚れが着くのを防ぐ治療です。
お子さまの生えたばかりの未熟な歯は、くぼみや溝が深くて複雑です。
これは、上下の歯が咬み合わず、歯のすり減りがほとんど起こらないためです。このむし歯になりやすいくぼみや裂溝を樹脂でふさぐことで、むし歯の予防や進行の抑制をするものがシーラントです。
唾液中のカルシウムなどを吸収して強くなっていくので、その過程で虫歯にならないようにシーラントを施します。
また、歯を削らなくて済むということもメリットとしてあげられます。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

歯磨き指導

毎日歯磨きをして、歯垢や食べかすをしっかりと取り除けば、むし歯のリスクは抑えられます。ただし、自己流の歯磨きでは磨き残しが起こりやすいものです。
当院では、正しい歯の磨き方をしっかりとレクチャーいたします。お子さまに合った歯ブラシやデンタルグッズの選び方、お子さまの歯やお口の特徴、磨き残しやすいところなどもお伝えしています。一緒に正しい歯磨きを身に着けていきましょう。

ページトップへ