成人矯正(Ⅱ期治療)|JR津田沼駅で歯科をお探しの方は【津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科】まで

ご予約・お問い合わせ
047-406-4477
  • 地図
Top > 成人矯正(Ⅱ期治療)
目立ちにくい矯正治療、
おまかせください
マウスピース型矯正装置(インビザライン )での治療に力を入れています。

「人に気づかれず矯正したい」
「治療中もお口の中をきれいに保ちたい」
「食事や会話も快適に楽しみたい」

このようなご希望をお持ちの方におすすめなのがマウスピース型矯正装置(インビザライン )です。

●目立ちにくい
●取り外して食事や歯磨きができる
●通院回数が少ない
●金属アレルギーの心配がない

といった、多くのメリットがございます。
もちろん、当院は他にも様々な矯正治療と、それぞれの治療を得意とする豊富なドクターがそろっています。まずはカウンセリングで、お一人お一人に合った治療を見つけていきましょう。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

詳しくはこちら

成人矯正(Ⅱ期治療)について

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科

乳歯から永久歯へ生え変わり、顎の骨の成長も落ち着いてくる12歳前後からの矯正治療です。小児矯正(Ⅰ期治療)から治療を続けていて経過が良好な場合は、成人矯正(Ⅱ期治療)が不要になることもあります。

顎の成長が止まっているので歯の移動の計画が立てやすいですが、一方で顎の成長を利用した歯の移動ができないので、症例によっては抜歯を伴うこともあります。
大人になってから歯並びが気になり出した方や、小児矯正(Ⅰ期治療)を途中でやめてしまったお子様も治療できますので、お気軽にご相談ください。

矯正の種類

マウスピース型矯正装置・拡大床

マウスピース型矯正装置
【インビザライン】

取り外しのできる透明の薄いマウスピースを歯に装着して、数週間ごとに新しいものと交換することで、歯を少しずつ動かしていきます。
無色透明のため、装着していることがほとんどわかりません 。また、患者さまご自身で取り外しができるので、お食事や歯磨きも普段通り行えます。
また、来院に必要な回数が約2ヶ月に1回と他の矯正より少なく、忙しい方も無理なく治療ができます。

ただし適応できる症例に限りがあるのと、間食などの際も装置を外す必要があり、装着時間を守らないと計画通りに歯が動かないことがあります。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

詳しくはこちら

マウスピース型矯正装置
【クリアコレクト】

マウスピース型矯正装置
【クリアコレクト】

マウスピース矯正で2番目に人気がある装置です。当院ではインビザラインの他にも様々なマウスピース型矯正装置をご用意しています。患者さまの希望の価格帯や症例によって適切な装置をご提案できればと思いますので、まずはご相談ください。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットという金属の留め具を接着剤で取り付け、そこに金属のワイヤーを通して締め付けて歯を動かします。 もっともオーソドックスな矯正方法で幅広い症例に適用でき、部分的な矯正もできるので治療費もほかの矯正方法よりも抑えることができます。
ブラケットは銀色のものが一般的ですが、目立ちにくい白や透明のものも選べます。

ワイヤーに食べ物が絡みやすくブラッシングが困難ですので、歯間ブラシが必要になります。また、金属アレルギーの方はご利用いただけません。

舌側矯正

舌側矯正

歯の表ではなく舌側に装置を付ける方法です。口を大きく開けたり、覗き込まれない限り器具はほとんど見えません。ただし装置と舌の接触面が多くなるので、滑舌への影響や口内炎のリスクが高くなります。

部分矯正

部分矯正

前歯の一部分のみ、下の歯の一部分のみなど、歯並びを整えたい部分だけを矯正する治療法です。通常の矯正治療よりも難易度が高くなり、適用できる症例に限りがあります。

筋機能療法

筋機能療法

食べる・飲む・発音・呼吸などの際の、舌や口唇の位置の改善を目的とした各種トレーニングを行います。お口周りの筋肉バランスを整える治療でMFTとも呼ばれます。

ホワイトニング・リップエステで
お口をトータルで美しく

当院では患者さまのお顔立ちやご年齢から浮かない歯の色をご提案し、希望に沿った白さをめざして、施術していきます。

歯並びと同じくらい、歯の色味は人の印象を大きく左右します。
コーヒーなどの着色やタバコのヤニが気になる方、当院では矯正治療と一緒にホワイトニングを受けることも可能です。() 患者さまのライフスタイルに合わせて、ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング/デュアルホワイトニングからお選びいただけます。


ワイヤー矯正の場合はワイヤーを外した後に行います。

ホワイトニングは口腔内の状態が安定していることが必要です。矯正治療後に限らず、むし歯・歯周病などがある場合は治療完了後に行います。

一時的に知覚過敏が起こることがあります。

  • オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニング

    「オフィスホワイトニング」とは、歯科医院で歯科医師か歯科衛生士によって施術するホワイトニングです。ホワイトニング剤を塗布し、光を当ててホワイトニングの効果を高めます。
    ホームホワイトニングよりも濃度が高い薬剤を使用するため、比較的短い時間で効果を実感できることが特徴です。
    個室でゆったり治療ができるのもおすすめです。

  • ホームホワイトニング

    ホームホワイトニング

    「ホームホワイトニング」とは、ご自宅で、お好きな時間に行っていただくホワイトニング方法です。治療用のマウスピースを製作し、そこにご自身でホワイトニング剤を塗り入れ、数時間装着します。テレビを見たり本を読んだりしながらホワイトニングを行っていただけます。患者さまごとの生活スタイルに合わせた治療が可能です。

  • ワイヤー矯正

    デュアルホワイトニング

    ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するのが「デュアルホワイトニング」です。少し費用は高くなりますが、「ホーム」と「オフィス」の相乗効果で短時間で効果的に歯を白くすることができます。白さが継続しやすく色戻りも起きにくいといわれているため、とことん白くしたい、白さを維持したい方におすすめです。

当院で使用するホワイトニングジェル

日本人の歯質に合わせて開発された
『Tion(ティオン)』

日本人の歯のエナメル質は薄い傾向にあり、ホワイトニング後の知覚過敏が比較的起きやすいと言われています。Tionはそのような日本人の歯のために開発された国産のホワイトニングジェルで、高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた、患者さまの負担を軽減してくれる薬剤です。

審美治療先進国アメリカの
『オパールエッセンス』

当院ではアメリカ・ウルトラデント社の『オパールエッセンス』というホワイトニングジェルも使用しています。
過酸化尿素を主成分とし、従来のホワイトニングよりも高い効果で通院回数の軽減といったメリットが期待できます。アメリカの医薬品局や歯科医歯科医で安全性が評価され、世界的シェアのある薬剤です。

リップエステ
〜ふっくらとした、ボリューム感のある憧れの唇へ〜


リップエステではマッサージでお口周りの筋肉をほぐしたり、クレンジングによる老廃物の除去、ヒアルロン酸で潤いを与えていきます。
きれいな歯並び・自然な白さの次は、潤いある唇でお口もとの美しさをさらに高めていきませんか?

■このような方におすすめ

・唇の縦皺が気になる
・唇にハリや潤いが欲しい
・唇の色やくすみが気になる
・唇がカサカサして乾燥しやすい
・ヒアルロン酸注射は高い、怖いと思っている

治療の回数を重ねることでさらに効果が期待できます。

■歯科×エステ機器メーカーによる設備

『レーヴルデント』はスキンケア専門家のアドバイスと歯科医師、エステ機器メーカーのコラボレーションにより生まれた、日本初のリップ専用機器です。
微弱電流によるクレンジングや、電流でビタミンCやヒアルロン酸などの美肌・潤い成分を肌深くまで浸透させる機能を持ちます。マッサージ作用もあり、血行が促進され唇の血色が良くなる効果も期待できます。
ご自身の笑顔にさらに自信をつけてくれる先進的機材です。

予防について

歯を失う主な原因は、むし歯と歯周病です。そのため、当院では大切な歯を守るためにむし歯・歯周病の予防を重視しています。
定期的に検診にご来院いただくとともに、毎日の歯磨きが効率的にできるようにアドバイスし、食習慣などの見直しもサポートいたします。
何歳になっても、ご自分の歯で食事や会話を楽しみ、健康な毎日を送るために、ぜひ予防に取り組んでいきましょう。

唾液検査

むし歯になりやすい方、なりにくい方がいます。それは、リスクファクターである、むし歯の原因菌(ミュータンス連鎖球菌・ラクトバチラス菌)や、唾液分泌速度、唾液緩衝能(お口の中を酸性から中性に戻す力)などが関係してきます。
それらを詳しく検査することにより、自分のむし歯の原因を知ることができ、深く理解できます。
当院の唾液検査では、味のしないガムを数分間噛んでいただき、出た唾液を使って唾液の分泌量や唾液内の細菌を調べます。
最適な予防プランを立案し、レクチャーすることができます。

歯周病検査

歯周病は、歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起こって広がっていき、歯ぐきの腫れだけでなく、徐々に歯を支える顎の骨が破壊されていく怖い病気で、30歳以上の成人が80%の割合でかかっているといわれています。
初期段階では自覚症状がほとんどありません。歯ぐきからの出血や歯のグラつきなどのわかりやすい症状が見られる頃には、かなり悪化しています。
そのため、歯科医院で定期的に歯周病検査を行い、早めに見つけ出すことが大切です。
当院では先端にメモリのついたポケットプローブという器具を使い、歯周ポケットの深さを測ります。この深さによって歯周病の進行度が計測できるのですが、健康な歯ぐきは歯周ポケットが1~2mmなのに対して、重症になると10mm以上の深さになってしまいます。

PMTC

PMTCとは、歯科衛生士や歯科医師など歯科のプロが行う、機械を使った歯のクリーニングのことです。専門家ならではの研磨剤や機器を使い、ブラッシングでは落ちない歯石や汚れを徹底的に取り除きます。
毎日丁寧に歯を磨いても、磨き残しは少しずつたまっていきます。定期的にPMTCを受けてお口を清潔に保ちましょう。

フッ素塗布

フッ素ケアは大人にも非常に大切です。
大人になると、不規則な生活や、歯科治療などにより2次むし歯(治療済の歯が再度むし歯になる)になりやすく、むし歯リスクが上昇します。また、年齢が進むにつれ歯周病によって歯茎が下がってしまい、セメント質とよばれる弱い部分の表面が露出し、むし歯になりやすくなってしまいます。
フッ素塗布を続けることでむし歯のリスクを抑えることができるので、ぜひ定期的にフッ素塗布を受けて大切な歯を守りましょう。

歯磨き指導

時間をかけて歯を磨いても、自己流の歯磨きをしていると、磨き残しが起こりやすいものです。磨き残しがたまっていくと、むし歯や歯周病を誘発する可能性があります。
当院では正しい歯の磨き方をアドバイスいたします。また、患者さまのお口の状態に合わせてデンタルグッズの選び方、歯やお口の状態、磨き残しやすい箇所についてもお伝えいたします。効率的な歯磨き方法を身に着けて、より徹底的に予防を行っていきましょう。

矯正歯科治療に伴う
一般的なリスクや副作用について

矯正歯科治療を円滑に進めるためには、私どもができるかぎりのベストを尽くすのはもちろん、患者さまのご協力とご理解も必要です。
矯正歯科治療にて起こりうる、以下のリスクと副作用を挙げますのでご確認ください。
(※すべてが確実に起こるわけではございません)
気になることやご不明な点などは、どうぞお気軽にお尋ねください。

JR津田沼駅・津田沼こども歯科・おとなこども矯正歯科
  1. 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間〜1、2 週間で慣れることが多いです。
  2. 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  3. 装置の使用状況、歯の間にスペースをあけるためのゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さまの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
  6. ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  7. ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  8. 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。(金属以外の矯正装置もあります)
  9. 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  10. 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  11. 歯の形を修正したり、かみ合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  12. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  13. 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  14. 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  15. 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  16. あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  17. 治療後に親知らずが生えて、歯並びの乱れが生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療などが必要になることがあります。
  18. 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

以上、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ